中国での取引

中国の株式市場取引の初心者向けガイド

投資家は、開発途上国から生み出された収入が先進国よりもはるかに多くなる可能性があることを知っています。開発途上国の成長は、トレーダーや投資家により多くの機会をもたらします。これらの国々は世界のより裕福な経済に遅れをとっているかもしれませんが、かなりの投資機会を提供するためにすぐに追いつくことができます。

中国は世界経済の支配的な力であり、米国に次ぐ最高の経済発展です。その株式市場は国際トレーダーにとって素晴らしい投資です。時々市場が発展する可能性のあるハイリスクに備えることができれば、中国株に意味のあるリターンを体験することができます。

中国株への投資目的

中国はロシア、インド、ブラジルと並ぶ革命的な速度で成長している4つの主要国の1つです。これら4か国は投資家の間ではBRICsとして知られています。中小国とは異なり、これらの国は何十億もの人々に影響を与える広大な経済を持っています。これらの国が市場で成功した場合、企業の成長は、経済が安定している中小国と比較して並外れたものになる可能性があります。

中国市場のパフォーマンス

過去数年間、中国市場は米国市場に比べてはるかに優れた株式リターンを提供してきました。 2005年から2010年にかけて、中国の株式市場全体の価値は2倍になりましたが、米国の株式市場は同時期に損益分岐点に苦労していました。両方の市場での劇的な暴落にもかかわらず、中国の株式市場は、低価格のために非常に短い期間で平均して投資家の資本を倍増させることができました。

ボラティリティ

もちろん、どんな株式市場にも報酬と並んでリスクがあります。中国の株式市場の成長率は高くなる可能性がありますが、製品がうまくいかなければ、劇的な下落に直面する可能性もあります。 2008年と2009年の景気後退の間、投資家は米国市場で大きな損失に直面しましたが、それは中国の株式市場と比較して何もありませんでした。この数か月の間に、中国市場は60%以上下落しました。これは、米国市場が直面したものの2倍です。

 株式市場

外国上場

中国企業の株式の購入に関心のある国際投資家は、国際証券口座を開設することなく投資を行うことができます。中国の企業の多くは、民間企業と国営企業の両方を含む国際取引所に上場しています。

ETF

取引所上場ファンド(ETF)は、外国経済に投資するための優れた媒体です。 ETFは、金融取引所で取引される株式のリストで構成されています。これらのファンドを作成および監視する機関は、これらの株のポートフォリオを構築します。中国のETFは、主要な中国企業のすべての株式を持っています。 ETFのリターンは中国の株式市場のリターンに似ています。ブローカーとの機会の調査を行う必要なしに、中国市場への露出を望んでいる投資家にとって便利な選択です。

Leave a Comment