掛け捨てダイレクト中心の転職サイト [保険広場]
 
トップページ生命保険 比較自動車保険一括見積もり自動車保険 比較
kabuoonトップに戻る

お気に入りに追加

生命保険の比較なら
生命保険関連情報
絶対に後悔しない
保険選びのポイント(16)
保険会社口コミ情報
保険特約一覧
からだの保険コラム
保険協会加盟会社一覧
保険代理店一覧
保険の比較
生命保険の比較・相談
ほけんの窓口
 
保険のあれこれコラム
保険選びのポイント
コラム一覧
生命保険の比較に関するコラム
Kabuoon


絶対に後悔しない保険選びのポイント


その2

掛け捨て型と貯蓄型は、どちらがお得?

保険を選ぶ際に「掛け捨て型」と「貯蓄型」のどちらにしようかと悩む方も多いと思いますが、絶対にお得なのは「掛け捨て型」です。それは「保険」はあくまで「保険」であり、「貯蓄」ではないからです。

具体的に、34歳の男性が1,000万円の普通死亡保障を20年間受けた後に、1,000万円を貯める場合の例にて見てみます。

「貯蓄型保険」は「養老保険」に加入
「掛け捨て型保険」は「共済の掛け捨て保険」に加入

「養老保険」は、月々39,400円の保険に加入
「掛け捨て型保険」は、34歳から10年間は「月々1,700円」その後10年は「毎月2,900円」の掛け金を支払う

※掛け捨て型の場合、貯蓄型との保険料の差を年2%で運用

1,000万円の普通死亡保障保険に加入
貯蓄型
掛け捨て型
養老保険に加入
(月39,400円の保険料)

掛け捨て型保険に加入
月1,700円(10年間)
月2,900円(10年間)
貯蓄型との保険料の差を年2%で運用
54歳満期時「10,000,000円」
54歳満期時「11,051,143円」

その差が100万円以上となっております。当然ですが、保険会社も保険契約者から預かった保険金を運用しておりますが、当然運用にはコストが発生します。であれば、保険と貯蓄(投資)は切り分けて、貯蓄の運用は保険会社任せにせずに、自分で運用したほうが良いのは明白です。これが「保険」と「貯蓄」を切り分けるということなのです。同じ保障を受けていても、貯蓄型と掛け捨て型ではこれほど違うのです。100万円以上も差がついてしまうなんて、ばかばかしいと思いませんか?




今月の人気ランキング 比較
保険広場は生命保険、医療・がん・学資保険等の徹底比較ランキングサイトです。生命保険比較ならこちらのページで!共済保険や人気のアフラック等の有名会社の商品を比較、ご紹介しております。
 
 
No.1アフラック詳しくはこちら
 
 
資料請求する

人気商品:「新EVER」「レディース新EVER」など

「新EVER」スタンダードプラン
入院給付金日額10,000円・定額タイプの場合
保険料払込期間:終身(月額払込保険料・個別取扱)
男性30歳:4,030円 女性30歳:4,120円
「新EVER」をタイプで比較
終身
掛け捨て
貯蓄
組み合せ
×
-PR-
 
 



生命保険トップページへ

   
Copyright (C) 2006 Kabuoon.com. All Rights Reserved