掛け捨てダイレクト中心の転職サイト [保険広場]
 
トップページ生命保険 比較自動車保険一括見積もり自動車保険 比較
kabuoonトップに戻る
お気に入りに追加

生命保険の比較なら
生命保険関連情報
絶対に後悔しない
保険選びのポイント(16)
保険会社口コミ情報
保険特約一覧
からだの保険コラム
保険協会加盟会社一覧
保険代理店一覧
保険の比較
生命保険の比較・相談
ほけんの窓口
 
保険のあれこれコラム
保険選びのポイント
コラム一覧
生命保険の比較に関するコラム
Kabuoon


トップ > 自動車保険コラム > 自動車保険選びのポイントは?
 


当サイト 人気No1  
一生いっしょの医療保険 EVER。一生涯の保障で保険料が上がることはありません。
 

 自動車保険選びのポイントは?
 


最近は保険料の安さを売りにした、自動車保険の広告・CMをよく見かけます。確かに保険代理店や自動車ディーラーを通すより、まったく同じ条件下では、自分で電話やインターネットで加入するタイプの方が、保険料はかなり安くなります。保険会社としては、代理店への支払い手数料が無い分、保険料を安くできる訳です。

ただ、たいへんな事故を起こしてしまった時、精神的にはかなり動揺するはずです。そんな時、電話一本で、状況によってはすぐに駆けつけてくれる代理店のプロがいるか、いないか、この安心感の差はあると思います。ただ、連絡がなかなか取り辛い、動きの悪い代理店では意味がありませんが・・・まずは代理店か、電話・ネットかを、自分なりに判断して下さい。

次に内容についてですが、細かいオプション(代車費用・搬送費用等)よりも、まずは自動車保険の幹に注目して下さい。幹とはリスクの大きい部分、対人・対物補償と人身障害補償です。

人身事故で相手に大怪我を負わせ、重度の後遺症を残してしまった場合、その賠償金が億単位になることは、よくある話しです。運転手は誰しも加害者になるリスクを背負っています。被害者を出さないために、安全運転を心掛けるのは当たり前ですが、もし加害者になってしまった時、自分と家族の人生を台無しにしないためにも、対人補償は必ず無制限にしましょう。

一方、対物で賠償金が億単位になることは稀なようです。ただ、踏切事故で電車を止め、ダイヤを大幅に乱してしまった場合には、かなりの賠償額になる事もあります。例えば、対物2,000万と無制限では、年間保険料で数千円の差になりますが、自身の運転エリアに踏切が多ければ、無制限が良いのではないでしょうか。

対人・対物は文字通り相手方の話ですが、自分自身や搭乗者への補償も大切ですね。無保険の若者が運転する車に激しく追突され、運転手や搭乗者が大怪我をしたとしても、相手からの賠償金は、まずあてにできないでしょう。そんな時、役に立つのが人身傷害補償です。この補償を付けてれば、過失が相手方にある場合でも、自分の自動車保険から損害額(車両等物損は別)が補償されます。

また、その後の示談交渉についても、自分は一切関係しません。たとえ相手が悪くても補償が受けられ、何かと面倒な事に巻き込まれなくても済む、とても安心できる補償です。

車両保険等、他の部分については、オプション個々の掛け金と補償内容をよく考慮し、安心できる自動車保険を作り上げて下さい。

 

Copyright (C) 2007 Kabuoon.com. All Rights Reserved