kabuoonトップ > 外為FX徹底比較 > 宮崎教授の外為FX講座

外為FX取引を始める前に、これだけは必ず抑えておきましょう

はじめてFX取引をされる方にも、これだけは知っておきたいという情報を10に厳選してまとめました。

2:取引の最低通貨は

FX取引は通貨の売買ですので、最低どれくらいの通貨の売買を行うのでしょうか?
1,000通貨での取引ができるFX会社もありますが、基本は1万通貨が最低取引単位となります。はじめてFX取引を行われる方は1万通貨〜5万通貨(証拠金を50万円〜100万円程度として)ではじめることをおすすめいたします。

1万通貨の米ドルを購入すると、1ドル=120円の場合120万円の資金が必要となります。120万円を用意できるのであれば「株でも買おうか」という人がいらっしゃったら、このコラムを読んでからでも遅く有りません。

本サイトでも「5万円からはじめるFX」などという言葉が出てきますが、FXは証拠金取引です。つまり「5万円の場合、5万円分の米ドルを買うのではなく5万円を証拠金として米ドルを買う」というのが正解です。

保証金とは、いってみれば担保のようなものです。

では5万円でいくら分の米ドルを購入することができるのでしょうか?
これは、レバレッジや証拠金率という数値で投資家に提供しております。

レバレッジ=てこの原理、という説明を耳にしたことがあるかと思いますが

レバレッジ10倍=5万円で50万円分の米ドルを購入することができます。
レバレッジ100倍=5万円で500万円分の米ドルを購入することができます。

証拠金率も考え方は一緒です。

証拠金率10%=5万円で50万円分の米ドルを購入することができます。
証拠金率1%=5万円で500万円分の米ドルを購入することができます。

すなわち、 レバレッジ10倍=証拠金率10% レバレッジ100倍=証拠金率1% となります。

最近は、レバレッジ100倍〜200倍というFX会社も出てきております。
100倍で米ドルを購入する場合、5万円で500万円分の米ドルを購入することができるということですので 1%値下がり(120円→119円)した場合でも5万円のマイナスとなり証拠金と同じ金額となります。
つまり、レバレッジが高い(倍数が多い)&証拠金率が低い(%が少ない)場合は、 ハイリスクハイリターンとなります。このような取引の場合は、通常20銭〜30銭の値動きでもお金が動きますので デイトレードまではいかないまでも売買のタイミングは非常に短い(すぐに買ってすぐに売る) 場合が多く、必ず損切りを自動で決済するような注文をいれておくことは必須となります。

<
 
>


FXこれだけは絶対知っておきたいトップへ

必勝!外為FX塾トップへ


人気ランキングベスト5 スワップ金利派ベスト3 為替差益派ベスト3 大手商社系ベスト3

外為FX徹底比較トップへ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • 本サイトはYahoo!Japanの「外国為替証拠金取引」カテゴリに登録されております。
おすすめサイト一覧
FX比較 ネット証券比較 日経225先物徹底比較 保険広場 仕事広場 外国為替FX くりっく365 ネット証券会社 日経225  バスケットゴール通販専門店のバスケットゴールランド 金庫通販専門店の安心金庫 " よく当たる占い教えてネット 占いの種類 金庫の種類一覧 金庫のロック方式 世界の犬の種類 世界の猫の種類 トランプゲームの種類 麻雀役の一覧 脚痩せ専門エステ「リフィート」 内引き防止「内引きブロック.com」 肉離れについて "