Kabuoon トップ 徹底比較> 証券会社 外為FX 商品先物 日経225 保険 生命保険 自動車保険 仕事 派遣 資格
 株式投資・資産運用ポータルサイト「Kabuoon」は、初心者のかたを中心に役に立つ情報を提供いたします。
 
投資信託は投資家に代わって専門家が運用
投資信託とはたくさんのお客さま(投資家)から集めた資金を一つにまとめて、投資の専門家が国内外の株式や債券などに分散投資を行い、その運用成果をお客さまに分配する「金融商品」のことです。郵便局や銀行でも販売しており、1万円から気軽に購入できますが、元本割れのリスクも含んでおります。分散投資・長期投資でリスクを抑えたポートフォリオを組んでみましょう。

日本には5000以上の投資信託があるといわれておりますが、ここでは投資信託の種類について、簡単にご説明いたします。
1)資金をどのような金融商品にて運用するの?
株式を一切組み入れず、国債や社債といった公社債を中心に運用
株式を組み入れて運用。株式だけではなく、債権や短期記入商品なども運用対象となります。
基本的には、株式投資信託のほうがハイリスクハイリターンといわれております。
2)投資スタイルは
いつでも買え、いつでも売れる投資信託です。基本的に投資信託は長期保有がベストですが、投資信託の基準価格は日々変動しますので、株式市場などの動きに応じて売買できます。
株式投資信託の場合、一定期間での募集設定なのでスポットともいいます。
将来の展望をにらみ、満期(償還)までじっくり育てる資金で投資しましょう。
基本的には、株式投資信託のほうがハイリスクハイリターンといわれております。
3)どこの国に投資するの?
日本国内の株式、国際などの公社債に投資いたします。
米国や欧米などの先進諸国に投資いたします。
成長著しい中国、インドなどのアジア諸国や、Bricsと呼ばれる(ブラジル・ロシア・インド・中国)など今後経済成長が見込まれる外国諸国へ投資いたします。
基本的には、株式投資信託のほうがハイリスクハイリターンといわれております。
4)株式投資信託の分類
日経平均株価やTOPIXなどのインデックス(指数)を基本と、それぞれの指数に連動する投資成果を目指します。
国内の一定業種(バイオ・ITなど)に特化した業種へ投資する「業種インデックス型」や「日本成長株ファンド」など。
基本的には、株式投資信託のほうがハイリスクハイリターンといわれております。
5)その他
アクティブ型は、ファンドマネージャーの運用によるところが非常に大きく、それだけにリスクとリターンも大きいといえます。
株式・債券などといった金融商品ではなく、投資信託商品に投資する投資信託です。
販売手数料(投信販売会社)への手数料が無料の投資信託です。主にインデックス型に多く見られ、最近は増加傾向にあります、
基本的には、株式投資信託のほうがハイリスクハイリターンといわれております。



大前研一氏の無料映像Kabuoon限定「07年01月金融ニュースを斬る!」
FXプライム

Loading...

投資信託基礎講座
その他関連コンテンツ
投資信託とは
投資信託の種類
投資信託のメリット・デメリット
投資信託の5か条
投資信託の買い方
投資信託の手数料
投資信託を取り扱っているオンライン証券一覧

利用規約 | 問い合わせ | FAQ | 運営会社 | 広告について |
Copyright (C) 2006-2013 Kabuoon.com. All Rights Reserved.
おすすめサイト一覧
投資で世界を変える株式投資・財務情報サイトShares FX比較 ネット証券比較 日経225先物徹底比較 保険広場 仕事広場