安値

1日、1週間、1か月、1年など、ある一定の期間において、最も高い取引値。その年の取引が始まってから最も安い取引値は年初来安値と呼ぶ。異なる期間での安値を分析することで、現在の株価がどのような状態あるのかを判断できる。
↑上へ