年初来安値

その年の1月の最初の取引日である大発会(だいはっかい)から現在までに取引された中で、最も安い値段のこと。逆に、大発会から直近の取引までの間での、一番高い株価のことを「年初来高値」と呼ぶ。
↑上へ