損益分岐点

売上高と、その売上高を達成するために必要とした総費用とが同じになり、利益も損失も出ない状態になった場合を指し、この場合の売上高を損益分岐点売上高と言う。企業経営の採算性と不況抵抗力を計る指標となっている。
↑上へ