手仕舞い

信用取引で、反対売買(買い建てている場合には転売あるいは現引を、売り建てている場合には買戻しあるいは現提)をして、売買関係を終了させること。 前者を「手仕舞い売り」、後者を「手仕舞い買い」と呼び。新規の売買と区別するために用いられている。
↑上へ