逆指値

指値注文の一種で、株価が指定の価格まで上昇したら購入、もしくは指定の価格まで下落したら売却、といった通常と逆の指値をする注文方法。現在、利用できる証券会社は限られている。
↑上へ