• ネット証券比較 総合ランキング
  • ネット証券比較 手数料ランキング
  • ネット証券比較 注文機能ランキング
  • ネット証券比較 IPOランキング
  • ネット証券比較 投資信託ランキング
  • ネット証券比較 CFDランキング
ネット証券比較 IPOランキング
IPOで当選するには、複数の口座を開設するだけではなく、各社のIPO引受数や抽選方法などを把握することが必要です。売買実績を重視する証券会社だけではなく、完全に抽選により当選を決定する証券会社もありますので、ランキングを参考にIPO銘柄の当選にむけてがんばりましょう。
楽天証券
前年度引受数 42社
抽選方法 抽選対象者の申告単位株数1単位ごとに、乱数を用いて1つの抽選番号が与えられます。抽選は機械で行われます。複数単位株数の申告は、それぞれに抽選番号が付与される為、当選確率が上がります。
特徴

取引実績に応じて3段階(IPOレギュラー、シルバー、ゴールド)に分けられ、当選確率がシルバーは2倍・ゴールドは5倍となりますので、楽天証券をメイン口座とし、取引回数の多い方に有利です。

前年度引受数 89社
抽選方法 抽選対象者が全配分株数よりも多い場合は、需要申告した株数に関係なく、一人に対し一抽選権が付与され、抽選が行われます。この場合、同じ人が2単位以上当選する事はありません。抽選は、システムにより「乱数」を用いて公正に行われます。
特徴 保有口座数(約70万口座)に対して引受数は比較的多いので狙い目。取引実績は重要ではなく公正な抽選で当選することもあるため、IPO狙いの方は口座開設して損はありません。
↑上へ